HOME
無料カウンセリング
施術体験談
 -医療相談
 -写真相談
 -施術体験談
 -症例写真
 -イベント

リニューミ皮膚科
施術体験談

PRP脂肪移植
Register : 2018-08-30 11:45:54 am

数多くの人の認識では、脂肪移植術は整形外科で受けるはずだと思いますが、なぜ皮膚科ですべきかをご説明します。脂肪移植の副作用といったら、吸収が早く、腫れやお肌が凸凹などの問題があります。これらは、整形外科向けの方が人体皮膚構造と脂肪分布に関する専門知識が足りないわけです。それで、韓国の若者たちは脂肪移植をする際、整形外科より皮膚科を選択する場合が多いです。

 

ハ院長のカウンセリング

患者様の希望に基づいて、お顔の比例と自分の専門意見を出して、最適な施術方法を提案します。

 

 

 

太もも脂肪抽出

この部位の脂肪は顔の脂肪と一番似ていて、柔軟性が適し定着率が高いです。 

 

 

 

顔脂肪移植

抽出した脂肪はPRPと混じって、陥没した部位に注入します。定着率を高めるため、専門医師は皮膚組織に基づいて、不足の部位に満たします。 



 

フェイスライン

脂肪移植が終わり、医師は注入した脂肪の位置を調節し、きれいに固定させます。




PRP脂肪移植+アキュースカルプ

 

 


施術前、顔にボリューム感が足りなく、額と頬が別の部位と比べて凹んでいる感じがしました。

 

脂肪移植施術が終わってからフェイスラインのアキュースカルプの施術をしました。

施術後、腫れなどが少しありましたが、翌日からメイクができ、37にかけて腫れが完全になくなります。


10日後、移植した脂肪がどんどん定着し、細胞が少しずつ分泌してニキビができるかもしれないですが、その前にスキンケアを確実にするほうがよいです。
施術30日からは脂肪の固定期間です。フェイスラインがより自然に見えて、脂肪が肌に吸収された場合は、2~3か月後に二度目の脂肪補充をするほうがよいです。