HOME
お肌クリニック
DNA真皮再生術

ニキビ跡·傷跡·シワを根本的に

DNA
真皮再生術

傷跡の治療、必ずお肌の奥から治すべきです!

リニューミ皮膚科DNA真皮再生術 3 Step 治療

STEP1.エアポケット形成

エアポケットの形成として
癒着したコラーゲンを
再生させます。

STEP2.DNA特殊薬物注入

DNA特殊薬物で
お肌の奥にあるコラーゲンを
増殖します。

STEP3.真皮再送物質注入

真皮再生術で凹んで
陥没になった傷跡を中から
満たします。

ニキビ跡治療プログラム

高周波ニードル

フラクショナルレーザー

DNA真皮再生術

顔全体

2,000,000

KRW

* 上記の料金はDNA真皮再生薬物1mmに基づいております。
料金は実際注射量により、調整する場合があります。

Before & After

ニキビ跡、傷跡

DNA真皮再生術

DNA真皮再生術はこれまで治しにくかった凹んで陥没したニキビ跡治療にとても効果的です。特殊な機器を利用して、傷跡部位の真皮層にガスを注入し、エアポケットを作り出し、そこにDNA特殊薬物と真皮再生物質を細かくて均一に注入すると、コラーゲンの再生を強く起こせ、傷跡を根本的に改善することができます。

傷跡治療、なぜ難しいのか?

傷跡は単にお肌の表に凹んで陥没したものではなく、肌の奥まで形成しております。
傷跡のある肌の中には固くなった繊維組織がありますが、それは傷跡を内側に引っ張っているため、陥没した傷跡の改善が難しいものです。

DNA真皮再生術は傷跡の底から根本的に改善します。

DNA真皮再生術原理

施術前、
傷跡による陥没した部位

1

傷跡の奥に固まった
繊維組織を切れ!

ガス注入で切れた繊維組織

真皮層に瞬く間に強い力でガスを注入し、固い繊維組織を切り、エアポケットというスペースを作り出します。エアポケットは新しい肌組織が生じながら傷跡を満たす役割をします。

2

肌の中に眠っている
コラーゲンを覚ませ!

コラーゲンは真皮にあり、肌の弾力を担う重要な物質です。
真皮層に注入したDNA特殊薬物はコラーゲン及び非コラーゲン性タンパク質の分泌を均一に促し、損なった細胞を再生させ、特に傷跡に効果的です。

3

陥没した傷跡を
肌の奥から満たせ!

ガス注入でできたエアポケットの位置に真皮再生物質を入れます。
これは剥離した真皮層の癒着を遅くし、自然な肌回復の際、現れるコラーゲン及びエラスチンの再生をより一層盛んになる役割をし、真皮再生物質そのものが持っている粒子のボリュームで凹んだ傷跡をもっと満たしてくれます。

DNA真皮再生術と
併用すると、効果アップの施術

1. 高周波ニードル治療

ニキビ跡の部位にニードルを通して高周波の熱を発生させ、熱により収縮の役割をし、コラーゲンを生み出し、お肌の再生を誘導する施術です。ニキビ跡、傷跡、弾力、リフティングなどの緩めに非常に効果的です。

2. フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーはエルビウムグラスレーザーの一種として、レーザー光を利用して表皮層と真皮層に数多くの微細なホールのように人工的に傷を作り、傷が回復のプロセスを通してコラーゲンの合成を誘導し、お肌の再生、毛穴縮小などに役立ちます。

DNA真皮再生術优势

真皮層にコラーゲンの再生を導いて傷跡を満たすことで、根本的にニキビ跡を改善することができます。

微細な針を利用する施術でニキビ跡の部位一つ一つを細かく施術することができます。

施術時間が20~30分前後で簡単で早く、ダウンタイムがほとんどないです。

Before & After

トップに戻る ▲